検索
  • sakura-tokyo

#14 懺悔

やらかしてしまいました。

早とちりというか勘違いですが、やらかしてしまったことは事実です。

誠に申し訳ございません。


弊社の仕事が薄かったので第二原画を取ったのですが、リテイクが出たんです。

二原担当の制作が戻ってきた二原を見て

「これはリテイクなんでしょうか?」と悩んでいたので確認しました。

リテイク内容はラストの顔の向きと動き抜けでした。

事前に頂いていたスキャンデータには、タイムシートにその動きは無く、戻ってきたシートに足されていると担当は言っています。

顔の向きも作監修正が乗っておらず、荒いレイアウトなので合っているようにも見えます。

作監修正の枚数は多くはないですが、作監の線は拾えていると感じました。


修正指示は後出しのように感じました。


これは僕の良くないところですが、こういった後出しにはカチンときます。

すぐに電話をして引き取ってもらうことにしました。

(少しキツ目に話してしまいました)


その後、別の制作が見たいとのことだったので一緒に確認したところ、さっきとは違った印象を受けました。


「あれ?・・・これは・・・もしかしてやらかした?」


荒い修正指示だったので、顔の向きを勘違いしていました。

でも元の絵からは、そちら向きと言われても正しいようにも見えません。


そこでコンテを確認したところ、確かにそちらを向いていました。

動き抜けに関してはレイアウトに揺り戻しありと書いてありました。


言い訳しても仕方がないので、すぐに電話しました。

生憎その話数の担当制作さんがいなかったので、こちらで修正することと、謝っていたことを伝えてほしいと伝言を残しました。


その後、みんなには爆笑され、弄られましたが仕方がありません。

悪いのは僕です。

反省しています。

ごめんなさい。



あーあ!やっちゃった!

最新記事

すべて表示

最近特に老眼の度合いが酷くなっている気がします。 寂しい限りです。 老眼とは目の病気という訳ではなく、老化により眼球の中にある水晶体というレンズが固くなることによって起こる現象だそうです。 若いころは水晶体に弾力性があるためレンズの厚みを増したり薄くしたりすることでピント調整ができていたことが、老化が進むと水晶体が固くなり厚みを増すことが難しくなって近くの物にピントが合わなくなると説明されました。

おかげさまで、弊社も忙しい日々を送らせていただいております。 というか、今年に入って少々忙しすぎるくらいになってきました。 昨年中は秋に採用した制作の子に任せる仕事が動かず、満足な仕事もさせてあげられなかったのですが、今年に入ってから急激に忙しくなってきました。 制作進行の増員が急務となった為、求人サイトに募集広告を載せたところ少なくない方々からご応募いただきました。 本当にありがとうございます。

リスタートして1年が経過したなかで、本当に理解できないことがあります。 実際どのくらいの会社がこの古い慣習を続けているのでしょうか? もう我慢できないのでここに書きます。 振込手数料を引くな! 調べてみたところ民法では「原則」振り込む側が負担するとされているそうです。 契約書を取り交わすことによって、請求書を発行する側が負担することもあるそうですが、一般的ではないようです。 まあ数百円の問題です。