検索
  • sakura-tokyo

#20 振込手数料を引く会社

リスタートして1年が経過したなかで、本当に理解できないことがあります。

実際どのくらいの会社がこの古い慣習を続けているのでしょうか?

もう我慢できないのでここに書きます。


振込手数料を引くな!


調べてみたところ民法では「原則」振り込む側が負担するとされているそうです。

契約書を取り交わすことによって、請求書を発行する側が負担することもあるそうですが、一般的ではないようです。


まあ数百円の問題です。

スルーすればいいんですよ。


でもなにより腹立たしいのは金額の大小関係なく奴らは引いてきます。

数千円レベルの金額でも構わず引きます。


これ、個人の人達に対してもやってんの?

恥ずかしくないの?


特に悪質なのが「歴史のあるそれなりに有名な会社」の手口です。

僕たちの業界はまだまだ契約書文化が根付いていません。

発注書・発注伝票で対応することがほとんどです。

その発注伝票に小さく

「振込手数料は受託者様ご負担とさせていただきます。」

と書かれています。

三日以内に異議申し立てをしないと了承したことになるそうです。


へえ~w

異議申し立てって電話でもいいの?

今度やってみようかな


ネットニュースあたりに載るような会社が、こんな恥ずかしいことを平気で行っている。

僕たちだって人様のことをとやかく言えるような会社ではないですよ。

でも、さすがにこれはおかしいと思います。


塵も積もれば山となることだって分かります。

だから僕は支払い用の口座として振込手数料の安いネットバンクを準備しました。

小さなことなのかも知れませんが、これ以上看過できない現実だと思います。


その会社で(ある程度長く)働いている制作の方々なら分かっている筈です。

一度は個人の方に振込手数料で文句を言われているのではないでしょうか?

これを変えられるのはあなた達だけです。

確かに経費節減に反する行為ですが、そこで声を上げ戦うことで個人の方々と繋がりが強くなり、延いては会社の体力も強化される筈です。


こんなくだらないこと、変えて行きましょう。


お目汚し失礼いたしました。



文責

桜栗英人

最新記事

すべて表示

最近特に老眼の度合いが酷くなっている気がします。 寂しい限りです。 老眼とは目の病気という訳ではなく、老化により眼球の中にある水晶体というレンズが固くなることによって起こる現象だそうです。 若いころは水晶体に弾力性があるためレンズの厚みを増したり薄くしたりすることでピント調整ができていたことが、老化が進むと水晶体が固くなり厚みを増すことが難しくなって近くの物にピントが合わなくなると説明されました。

おかげさまで、弊社も忙しい日々を送らせていただいております。 というか、今年に入って少々忙しすぎるくらいになってきました。 昨年中は秋に採用した制作の子に任せる仕事が動かず、満足な仕事もさせてあげられなかったのですが、今年に入ってから急激に忙しくなってきました。 制作進行の増員が急務となった為、求人サイトに募集広告を載せたところ少なくない方々からご応募いただきました。 本当にありがとうございます。

僕なんかはただの馬齢を重ねたおっさんで、諸先輩方から見ればケツの青い甘ちゃんです。 そんないい加減な僕でも落ち込むことがあります。 それは人が辞めた時です。 自分自身の力の無さを痛感します。無力感を感じます。 大事なお子さんを、このような業界に送り出すご両親のことは常に頭から離れません。 「そろそろまともな仕事に就いて欲しい。」 もっともな言葉です。 でも就職氷河期以降の就業状況や最近のコロナ禍を